抑肝散の効果を知ろう【精神状態の不安定さを改善】

更年期障害や認知症患者に

ハート

精神機能全般を表す「肝」

抑肝散とは、漢方の一種です。感情が高ぶり、いら立ちを覚える症状を抑える効果があります。配合されているチョウトウコウという成分には興奮している神経系を和らげる効果があるとされています。もとは子どもの夜泣きを抑えるのに使われていた漢方ですが、大人の神経症状に対しても抑肝散が使用されることがあります。特に使用されるケースが多いのは、認知症の治療です。認知症の症状の中に、癇癪や不眠、徘徊などがみられることがあり、そういった精神状態の不安定さを改善する目的で処方されます。一般的な精神安定剤を使用することもありますが、そうなると副作用や依存などのリスクが出てきます。それに対し抑肝散は漢方薬ですので、悩まされている症状にだけ効果を発揮するという使い勝手の良さがメリットとなっています。神経の興奮状態を抑えることで、日常生活が穏やかになり、精神的にも身体的にも負担を軽減する効果があります。いら立ちや興奮で疲弊することも減りますし、そんな興奮状態にある人を介護する側の負担も軽減することに繋がります。不眠や食欲不振などの身体的不調が現れている場合は自然と回復していくこともあるため、本人の自然治癒力に任せた改善を図ることも不可能ではなくなります。抑肝散が処方される対象となりやすいのは、不眠やいら立ち、精神的な不安感が見られる人です。特にうつの初期段階の人や、認知症による興奮状態、更年期障害による感情の高ぶりがある人への効果を期待されています。上記の症状で精神科を訪れた際、ほとんどの場合は精神安定剤や睡眠導入剤が処方されます。患者の体質や症状の重さなどで医師が診断し、処方するのですが、精神安定剤などの薬は依存性などがあり、怠さ、強い眠気などの副作用が見られます。こういったリスクを減らしたい人や、そこまで症状が重くない人などには、悩んでいる症状だけにアプローチする漢方薬がおすすめされるのです。抑肝散は「肝」の働きを抑えるという意味があります。「肝」は精神機能全般を意味する言葉で、「肝」の働きを抑えることで、精神不安や興奮状態を鎮静することができます。特に更年期障害などは加齢によって多くの人が悩まされる症状です。薬を飲むのははばかられても、漢方薬であれば手が付けやすいという人もいるでしょう。ただし、抑肝散は体質次第で低カリウム血症を引き起こすことがあります。服用を始めてから筋力低下、痙攣、悪心などの症状が見られた場合、低カリウム血症を発症している可能性があります。そのときは体質的に合わなかったと考え、別の薬を処方されることになるでしょう。

医薬品

精神に効く漢方

抑肝散は、更年期障害などの精神疾患に有効な漢方薬です。成分が生薬中心で効果が緩やかに出るため、子供やお年寄りも利用できます。様々な形状があるので、自分に合ったものを選びましょう。体質によっては不調が起こるため、心配な人は飲む前に相談します。

詳しく見る

女性

処方してもらう漢方薬

抑肝散を使って精神疾患を治療していこうと考えるならば、まず病院に行って診断してもらい、処方箋をもらうようにしましょう。処方される薬は安くて効果的であり、神経症などの心がまいってしまう病気を、心身ともに負担をかけることなく治せます。

詳しく見る

男性

漢方の考え方

うつ病で精神科や心療内科を受診するなら、安易に抗うつ薬を処方せず、じっくりと悩みや苦しみを聞いてくれる病院を選ぶことが大切です。抑肝散などの漢方薬も治療の選択肢になるので、相談してみると良いでしょう。

詳しく見る

服用する女性

イライラが静まる効果

肝が高ぶった症状のイライラや興奮は、中枢神経系に作用する抑肝散によって抑えることが可能です。通院中の場合はかかりつけ医に相談して処方してもらい、そうでなければ漢方専門医が在籍する医療機関を探すのも一つの方法です。

詳しく見る

Copyright© 2018 抑肝散の効果を知ろう【精神状態の不安定さを改善】 All Rights Reserved.